「ビッグ」 第16話について (全部ネタバレ)

f0124303_20405770.jpg
この二人の姿に脳内変換が必要?




f0124303_2044278.jpg
最終回でもなにかを暗示させるようなシーンがいくつかありました。
そこに深い意味があったのか、なかったのか...謎のまま終わりました。
f0124303_20484484.jpg
心拍数が急上昇したり、元に戻ったり。
最大のテーマだった魂チェンジの謎は...謎のまま終わりました。
f0124303_205099.jpg
ソ・ユンジェ母(別名 ク○ババア)や、ソ・ユンジェ(中身カン・ギョンジュン)に、
以前のソ・ユンジェが帰ってきたらうまくやれと言われたイ・セヨン。
これはソ・ユンジェが元に戻ったらイ・セヨンとくっつくという伏線なのでしょうか?
f0124303_20581184.jpg
「愛してる」と言って治療のためにドイツへ旅立つソ・ユンジェ(中身カン・ギョンジュン)
f0124303_21530100.jpg
f0124303_2154012.jpg
f0124303_2155185.jpg
f0124303_216253.jpg
出ました、「1年後」
f0124303_2171235.jpg
1年後のキル・ダランはメガネかけてます。
f0124303_217191.jpg
マリがキル・ダランにメールをします。
ソ・ユンジェとカン・ギョンジュンはそれぞれ元に戻った。二人とも交通事故後の記憶がない。
カン・ギョンジュンはキル・ダラン先生について何も聞いてこないから、私も話していないと。
f0124303_21105948.jpg
「私は約束どおり、ずっと覚えてる。」と言って遠くを見つめるキル・ダラン。
f0124303_2111587.jpg
マリが言った通り、1年後ソ・ユンジェとカン・ギョンジュンはそれぞれ元に戻ったとすると、
二人は兄弟として、美しいク○ババアと優しいお父さんと4人家族になる。
キル・ダランは思い出を胸に秘め、ひとりソウルから離れた場所で暮らしている。
話の筋としては、私はここで終わりでもよかったかなと思います。
f0124303_21184877.jpg
ところがこのドラマはここで終わらないのです。
1年前ソ・ユンジェ(中身カン・ギョンジュン)と暮らしていた家を見に行くキル・ダラン。
この時、黄緑色の傘は持っていなかったのに、
f0124303_21202677.jpg
次のシーンでは雨と傘。 まてよ、このシーンって全部夢?
f0124303_21205578.jpg
イヤホンは見えませんが、ラジオの音声が聞こえています。時は6月24日10時10分になるところ。
「キョンジュナ、誕生日おめでとう。」と言うキル・ダラン。ラジオの音声は続きます、
「来月、私は長い間会えなかった人に挨拶します。その人は何も覚えていないだろうけど、
私は覚えている事全てを彼に話します。」 言う気満々だな、ソ・ユンジェ兄弟の仲はどうなる?
f0124303_21233744.jpg
バスの床には黄緑色の同じ傘が二本。それを見て微笑むキル・ダラン。
これってやっぱり夢?それともまぼろし?
f0124303_21253496.jpg
バスを降りると、「キル・ダラン!」と言って一人の男が傘に入って来る。
f0124303_21401772.jpg
ここで1年前、ソ・ユンジェ(中身カン・ギョンジュン)が言った回想シーンが入ります。
「もしオレがまたキル・ダランの前に現れたら、キル・ダランがオレをつかまえて。」
そして顔の見えない男に向かって「アンニョン、カン・ギョンジュン。」と言うキル・ダラン。
f0124303_21451797.jpg
KKJの時計をしているから外見はどうであれ、彼はカン・ギョンジュンで確定?
f0124303_2223158.jpg
顔の見えないカン・ギョンジュンが去ろうとする。
ここでまた1年前の回想シーンが入ります。追いかけて傘に入るキル・ダラン。
回想シーンのカン・ギョンジュンが「オレは覚えているかわからないけど、今の気持ちを言って。」
「そうすれば、オレ達は今この瞬間に戻るんだ。」 微笑むキル・ダラン。
f0124303_22401619.jpg
雨の日のバス停の傘が、1年前の晴れた公園の傘に変わる・・・
f0124303_22414886.jpg
キル・ダラン「사랑해」
f0124303_22532740.jpg
カン・ギョンジュン「그 순간 내 마음은 지금만큼 한번에 커질꺼야. 기적처럼.」
(原語のままですみません)
f0124303_22553179.jpg
f0124303_22554498.jpg
しゅーりょー。終わってしまった。
なんて、なんて味わい深いラストシーンなのでしょう。
これ全部夢ですか?奇跡が起こって1年前にワープしたのでしょうか。


【疑問 その1】ラストシーンで顔の見えない男は誰か?
(1)ソ・ユンジェ(中身カン・ギョンジュン)
理由
・顔ははっきり映らないけど、映像の声と体がコン・ユ氏だった為。
・ソ・ユンジェとカン・ギョンジュン、結局二人は元には戻らなかった。
・そもそも魂のチェンジという超常現象が、ドイツに行ったからって治るとは到底思えない。
・マリの「二人は元に戻った」という言葉が信用できない。マリは今まで何度も嘘をついている。

(2)カン・ギョンジュン(本来のカン・ギョンジュン)
理由
・KKJの時計をしているから。
・演じたのはコン・ユ氏だけど、マリが言った言葉を信じれば彼はカン・ギョンジュン。

(3)そもそも顔の見えない男は存在しない。 ラストシーンはキル・ダランの夢(妄想)
・傘を持っていなかったキル・ダランが、雨のバス停では傘を差していた。
・バスの床に落ちていた二つの同じ傘。(存在しない傘)

というわけで、夢のようなシーンと回想シーンとが複雑に絡み合うラストシーンだったので、
見る人によってどうにでもとれるような、悪く言えば不親切な、よく言えば味わい深い結末でした。
主役がラストどうなったかわからない、どこにいったのかわからないという、ある意味画期的な結末。

【疑問 その2~無限大∞】
結局、魂のチェンジはどうなったのか?ソ・ユンジェとカン・ギョンジュンはどうなったのか?
「突然30歳の体になってしまった18歳少年の成長を描く」という設定、記憶が無くなったら意味なくね?
ソ・ユンジェ先生ははなぜあんなにムキムキの体だったのか?
事故の前、ソ・ユンジェはキル・ダランになんと言おうとしていたのか?
ソ・ユンジェはアメリカ行きの航空券を見て何を悩んでいたのか?
血を見れないというカン・ギョンジュンのトラウマは解決したのか?
キル・ダラン両親、チェ・ラン先生、カン・ギョンジュン叔父の昔話は何だったのか?
1年後の映像に、ソ・ユンジェ側の人間(両親、イ・セヨン)が出てこないのはなぜか?
・・・無限大に増えそうです。


キラキラした楽しいラブコメだと信じて見始めると、後半予想外の展開に驚きそしてため息連続ですが、
ホン姉妹脚本のラブコメと思わずにコン・ユ氏とイ・ミンジョンさんを堪能するドラマとして見れば、
毎回ハラハラドキドキ、とても楽しいドラマだと思います。
なんだかんだ言っても私にとっては思い出深い、忘れられないドラマとなりました。
日本語字幕でまたいつか楽しみたいなと思います。長い文章読んで頂きありがとうございました。
[PR]
by niceguy_sashimiya | 2012-08-05 22:10 | ビッグ | Comments(10)
Commented at 2012-11-01 20:35 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by niceguy_sashimiya at 2012-11-04 22:54
2012-11-01 20:35にコメントを書いてくれた方へ
お久しぶりです。アン・ソクファン氏のお誕生日、
旧暦11月1日だから、まだかな、と、のんびりしていました。
新暦11月1日もお誕生日としてお祝いすべきでした!(^^;)
コメント、ありがとうございます。
Commented by 通りすがりです。 at 2013-01-09 22:40 x
はじめまして。ビッグおもしろかったですね。
キルダランの謎の緑の傘は公園でホームレスが私物化していたものを偶然見つけたものですよ。ご丁寧にキルダランと名札がついてました。
私が見たのは日本語吹き替え版ですが、
ノーカット版ということでしょうかちゃんと説明されてました。
Commented by niceguy_sashimiya at 2013-01-09 23:21
はじめまして!
緑の傘、そうでした、ホームレスが使っていたのをダランが
また偶然見つけて、修理にだしていましたね!
やはり吹き替え版を見ればもっと理解できるのですね。。。
TVで放送していたものは、録画に失敗し、
飛び飛びにしか録画していないので、
吹き替え版はまだ一話も見ていないんです(^^;)
夏、あれだけ真剣に見ていたのに...
ガイドブックは本屋で立ち読みしました!
また改めて見直してみようと思います。
コメントありがとうございます!
Commented by q at 2013-03-15 14:05 x
やっと完走しました!
シベリアさんの挙げたすべての疑問点、私も激しく同意です~!!!
PCの前で赤べこ状態ですっ(笑)

全体において疑問が多すぎるというか、
(私はカット版だから余計かもですが)
想像で予想するには難しすぎる最終回でした~(汗)

私はコン・ユさん&イ・ミンジョンさんが好きなんだなあ~と再確認できたので、
見てよかったのですが、
ホン姉妹作と考えると、余計にモヤモヤが(笑)
しかしユンジェ先生、
最後までないがしろにされ過ぎでは・・・(涙)

ああ、ホン姉妹は何を伝えたかったのだろう・・・
Commented by niceguy_sashimiya at 2013-03-17 01:21
そうなんですよ、天使の絵とか、ファンタジーで最後までひっぱったわりには全てが消化不良で、
「?」が多すぎるんですよね。

ホン姉妹作と考えると、余計にモヤモヤが(笑)
>ほんとですね~、ホン姉妹だから最後はうまくまとめてハッピーエンドかと思いきや。
ハッピーエンドなのかアンハッピーエンドなのか、
それさえも視聴者に丸投げされてしまったという。
こないだのファンミでコン・ユ氏は、最初はカン・ギョンジュンは最後に死ぬ設定だったと言っていました。
その設定のまま、悲しい切ない恋のお話でも良かった気がするのですが。
なぜこう複雑な終わり方にしたのか...
ユンジェ先生、回想シーンがすべて萌えでした。ほんとに素敵で。
しかしユンジェ先生の扱いは可哀想でしたね。指輪は捨てられるし。
そして私は、あのユンジェ母が強烈すぎて後半はいらだちました(^^;)
Commented by q at 2013-03-17 14:17 x
初めて、文字数制限が・・・連投スミマセン(笑)

ソ・ユンジェ母。
「(別名 ク○ババア)」という表記で
シベリアさんの怒りが伝わってきました(笑)
私も同感です!!
わがままではすまない自分勝手すぎるキャラ、
他でも多いですよね(汗)
その中でもなぜか憎みきれない人もいるのですが、
今回のユンジェオンマはいただけない~!(怒)

だって、息子への愛があまり感じられないんだもの。
「白い嘘(途中リタイヤですが)」や「カインとアベル」の
キム・ヘスクさんはかなり強烈でしたが、
揺るがない息子への強烈過ぎる愛が見えるから、
許さざるを得ないというか。
ユンジェオンマには、私にはそれがあまり見えなくて、
むかつくというか、ちょっと悲しかったなあ・・・
それもあって、よりユンジェ先生の影を薄く感じてしまったのです。
長々失礼しました(汗)
Commented by q at 2013-03-17 18:43 x
↑に書いたコメント、
我ながら暴言過ぎたかもと思い、削除してしまいました(汗)
修正を加えるので、吐かせてください・・・(笑)

そうなんですよね、ファンタジーなんだか悲話なんだか、
いったいどうしたかったの~?って感じでした(汗)

>それさえも視聴者に丸投げされてしまったという。

そうそう、そう言いたかったのです~~~!!
ほかにも「ラストの捉え方は視聴者にお任せ」という
作品はありますが、
本作はお任せというより、
ちょっと無責任な域に達していると感じるくらいで、
なんかガッカリ脱力です・・・大げさかしら(汗)
(暴言すみません)

ホン姉妹作ということと、
コン・ユ氏久々のドラマ復帰作ということで
私が勝手にハードルを上げちゃったのですが(笑)

でも、見てよかったのは確かです。
コン・ユ氏の切ない表情は相変わらず大好きだし、
今回はじめてみた俳優さんで、
キル・ダラン母、素敵でした!
アン・ソクファン氏とのラブラブぶりとあの弟のぼけっぷり、
あの家族を見られてしあわせでした~(笑)
あの家族とチェ・ラン先生のカットされただろうシーンを
見られなかったことが残念です・・・くうぅ~
Commented by niceguy_sashimiya at 2013-03-17 22:06
qさん、こんばんは~。全然暴言じゃありませんよ~~
ほんとに同感です!ユンジェオンマの描き方には苛立ちを超えて
最後は私、どん引きでした。まずユンジェが白血病になったから
移植のために、夫の愛人にキョンジュンを産ませたっていう設定が
まずひどすぎるし(泣)

そうですね、キム・ヘスクさんのオンマは強烈だけど母なら息子の為にここまでするかも...
と思わせてくれますが、ユンジェ母にはそれは感じませんでしたね。

ホン姉妹は独特の世界観、回想シーンも楽しいし、好きだったので
さらにガッカリ感、脱力感が私もありました。
コン・ユ氏はコメディーもできるんだ~と思ったし、二役もきちんと演じ分けていたし、
だからこそ最後はすっきり終わって欲しかったです。
元に戻った若いキョンジュン青年とダランがくっついて、
それを悲しそうに見つめるユンジェ先生でも良かったし。
なぜわからない結末なの~!といまだに恨み節です(^^;)
Commented by niceguy_sashimiya at 2013-03-17 22:15
いくら考えても、ユンジェ母は、とにかく息子のためというより、自分の保身のために必死でしたね。
ああ~やっぱりユンジェ先生がかわいそう!

キル・ダラン母、ナイスキャラでしたね。もっと暴れてほしかったです。
ダラン弟も演技うまかったし、もう少し活躍してほしかったですね~
チェラン先生、ダラン父母、キョンジュン叔父の話がもう少し発展して面白かったら、
後半、やけに暗い展開にも救いがあったのかしら?とも思ったり。

いろいろ私も書いちゃいましたが、とにかく見てよかったです!
去年のひと夏、コン・ユ氏にいい夢見せてもらいました~!