http://www.k-culture.jp/info_photo_view.php?number=612

先日開催された、「K-DRAMA トークイベント Part2 風の絵師 編」の
お写真が出ました~。ああ、やっぱり行きたかったな~


[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-31 23:46 | Comments(0)
韓国映画ってやっぱり面白いですね。ネタバレしているかもしれません。

f0124303_22324076.jpg
「哭声/コクソン」
怖かった~。もう山に囲まれた田舎には絶対住めない。國村隼さん怖すぎ。
クァク・ドウォンの風貌が癒し系。子役の演技が上手すぎて怖い。
謎は謎のままなところが怖い。監督にいいように騙されてる感じが面白かった。

f0124303_22331048.jpg
「アシュラ」
哭声に引き続き、こちらにもファン・ジョンミンとクァク・ドウォン。
クァク・ドウォンとチョン・ウソンが同い年(1973年生)って嘘だ~!?
面白いけど、132分はちょっと長い。2時間弱にしてほしかった。
どんなに汚い事をしてもとにかく生きようとする主人公が
香港映画「ドラッグ・ウォー 毒戦」(→傑作)のルイス・クーみたい。
チョン・ウソンが時々草刈さんに見えるのは私だけ??
ま~みんな人を殺し過ぎ。何気にチュ・ジフンが一番残酷だった気がする。

f0124303_22334050.jpg
「お嬢さん」
ムン・ソリさんの日本語のセリフ、内容が放送禁止過ぎてここまで来ると笑いが出た。
これだけめくるめく世界なのに、見終わった後はやけに清々しく感じるのが面白い。

f0124303_22341094.jpg
「善惡の刃」
10年間、無実の罪で刑務所に入っていた青年にしてはカン・ハヌルは小奇麗過ぎた。
モーテルに連れ込み暴力振るって自白させる警察が外道過ぎる。
実話が元らしいけど、ここまで外道だと「ホント?」と思ってしまった。
チョンウ演じる弁護士、その友人(隠れイケメン、イ・ドンフィ)も、
途中から急なキャラ変があって「え?」と思ったりした。
今でもこんな事あるんだな~と怖くなった映画だった。

f0124303_22344088.jpg
空と風と星の詩人 ~尹東柱の生涯~
題名は詩集「空と風と星と詩」から来てるんですね(無知ですみません)
カン・ハヌル、セリフの半分くらい日本語だった?よくがんばったな~。
演技に文句は無いけど、この映画でもカン・ハヌルの二枚目さが時々気になった。
その役にしては二枚目過ぎて、役に見えず本人に見えてしまうという(私だけでしょうが)
(あ、彼はどこか古風な雰囲気がするのでイケメンというより二枚目と書かせてください)
憎たらしい日本人刑事役のキム・インウのネイティブ日本語が真実味を感じさせてくれた。
尋問のシーンもキム・インウじゃなかったら、ここまで真に迫っていなかったと思う。
尹東柱が憧れる詩人鄭芝溶役で、尹東柱本人の親友(文益煥)の息子である、
ムン・ソングン氏が出演しているのも興味深い。
注射のシーンを見て、731部隊のようなもはや人と呼べない悪魔達が戦後、
そのデータをアメリカに渡す代わりに免罪され製薬会社へ行った事を思い出し腹が立った。
尹東柱と宋夢奎の短い生涯。あの時代に生まれなければ。。。日本に来なければ。。。
あとちょっとで終戦だったのに。。。と悔やんだり悼んだりした。いい映画だった。

[PR]

大阪のトークイベントに参加出来ずに、ここ数日間腐っていましたが、
生きる希望となるような情報をいただきました~
今度は舞台をおやりになるそうです。
11月はいつでも飛べるように、予定は一切入れない事にしました。
原作は沙翁ですって、沙翁。楽しみ過ぎます。
11月までに韓国語ペラペラになる方法ってないのかな~? ないなー

f0124303_23075860.jpg


[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-31 21:15 | 舞台 | Comments(2)

本日の、K-DRAMA トークイベント Part2 「風の絵師」編
http://www.k-culture.jp/info_news_view.php?number=900
無事終了したようで、良かったですね~。

司会の古家正亨さんのツイッターに
今日のお写真が載っていました。
https://twitter.com/furuyamasayuki0
ピースするアン・ソクファン氏がかわゆいです(笑)
あとは韓国文化院の、写真入り記事を期待したいと思います。
アン・ソクファン氏、日本に来てくれてありがとうございます~~!
今度は、東京に来てください~~~!





[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-29 22:34 | Comments(0)
そういえば。今日7/18発送と書いてあったこのイベントの招待状。

駐大阪韓国文化院 Korean Cultural Center
K-DRAMA トークイベント
Part2 「風の絵師」編

http://www.k-culture.jp/info_news_view.php?number=900
○日時:2017年 7月 29日(土) 14:00(開場 13:30)
○会場:ナレッジシアター (グランフロント大阪 北館4階)
○ゲスト:イ・ジョンミョン(小説家)、アン・ソクファン(俳優)

我が家に招待状が届くか届かないか分かりませんが、
私、不参加です。行けなくなりました~~~。残念。。。
光州へははるばる見に行けたのに、同じ日本の大阪に行けない悲しさ。。。
f0124303_0233152.jpg
招待状が届いて参加される方~!実物は想像以上に素敵ですよ~!

[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-18 22:57 | Comments(6)
f0124303_23420594.jpg
キム・ドンウク氏を見て癒されようと、8話まで見ました。
f0124303_23451355.jpg
なんと7話に、また、イルサン(一山)にある、日本料理「阿蘇山」が登場。
f0124303_23454922.jpg
「仲良きことは美しきかな」の湯呑も健在。
それにしても阿蘇山って、本当によく使われる撮影場所なんですね。
f0124303_23540533.jpg
癒される~~~
f0124303_23573731.jpg
この写真は7話じゃないですが、
7話はキム・ドンウク氏とコ・アソンがトッポギを食べるシーンが可愛かったです。
明日からまたがんばろう。。。

[PR]
f0124303_17144005.jpg
このドラマに対する感想、一言でいえば、↑の一文なんですが^^;
ある意味、よくある韓国ドラマとは違う、不思議な雰囲気のあるドラマでした。
(原作は漫画との事ですが、未読なので比較は出来ません)
話の展開もよく言えば「ゆっくり」、悪く言えば「まどろっこしい」。
主人公の周りで起こる様々な出来事がもういいんじゃないのという程丁寧に描かれていて、
大変申し訳ないのですが、途中から飽きました。私の好みじゃなかったです。
ヒロイン、ホン・ソルの大学の同級生達もグズばっか。
自分の学生時代は大昔過ぎて覚えていませんが、あんな大学には通いたくないわ。。。
秀才の彼に借りた過去問を盗まれたホン・ソル。
そんな過去問を皆がいる所で見てるホンソルもダメだし、
過去問を見せてもらおうと手のひらを返したように優しくしている同級生もダメでしょう。
キム・ゴウンは翳りのある顔なので、悩み多いこういう役は合ってますね。
キム・ゴウンが相手だと、男優が何割増しかかっこよく見えます。
ナムナム(ナムジュヒョク)は、脇役にいると目立つし光りますね(え?)
今やっている水の神様の評判はどうなんでしょうか~。
イム・ジュファン氏目当てに見たいけど、なんか見るのが怖い気もします。
パク・ヘジンは最後まで学生に見えなかったけど、ミステリアスな役に合ってました。
楽しみだったソ・ガンジュン、ペク・イノはかわいいしそれなりに楽しめました。
最終回、ほんのり余韻のある終わり方は嫌いじゃないのですが、
「16話かけてこれか~」という、モヤモヤ感はぬぐえません。
超絶編集上手い人に頼んでこの16話を2時間に編集して、
1本の映画として見てみたい気もします。まあ全て好みの問題でしょうね。。。

[PR]
f0124303_23301477.jpg
昨夜の、日本の、ごめん、を見ました。
f0124303_23332321.jpg
すみません、韓国の893とピアニストのS君目当てだったので、
他の人のシーンはほぼ早送りです。
f0124303_23374671.png
ひょくす(本名で呼び捨て)は、やっぱり「2014年」のお顔が好きだわ。。。
f0124303_23433165.jpg
こんなにかわいかったのに。なぜお直しを。。。(あくまで推測)
ドラマの内容は韓国版を未見なので、比べようもありませんが、
韓国の893、ヤンアチの描き方に大いに不満あり。。。
カジノを経営しているような大きな組のヤンアチが、
真昼間に、原付で、ただの観光客を狙うなんて、そんなしょぼい犯罪はしないと思います!
本当のヤンアチだったら素人のお姉さんは狙わないんです。きっと。(勝手な想像)
韓国の警官だって、もっと親切だと思いますよ。
昔、永東汗蒸幕へ行く途中に迷った時、交番に行ったらパトカーで送ってくれましたもの。
もう韓国の893は出て来ないのかしら。。。
そしてもう一人のお目当てだったS君の演技にもびっくり。。。
あれはわざと下手っぽくしてらっしゃるのかしら。これ以上見ると嫌いになりそうだから。。。
2話以降は見ない事にしました。終了。。。

[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-10 23:58 | Comments(6)
とある映画(バレバレ)のおかげでモヤモヤしてしまいましたが、
面白そうな韓国映画の上映情報を知りましたので載せます。

「反逆の韓国ノワール2017」

7/1~21 Cinemart新宿
http://albatros-film.com/movie/korea-noir2017/
f0124303_18195818.jpg
服がダサ過ぎると言いたい放題してしまったカン・ハヌルの映画情報その1。
日本題は「善惡の刃」、原題は「재심 再審」。全然違う。。。
チョンウも好きな俳優なので時間が合えば見に行きたいです。


もうひとつ、カン・ハヌルの映画情報。

ハートアンドハーツ コリアン・フィルムウィーク
7/22~8/11 Cinemart新宿 その他全国各地
http://www.koreanfilmweek.com/
f0124303_18341191.jpg
「空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~」 原題は「동주 東柱」、
日本の副題には、ちょっと「風と木の詩」みたいな副題が付きましたね。
この映画はソウルでばったもんDVDを買ったものの未見だったので見に行きたいです。
共演のパク・チョンミンは「一理ある愛」で、大した役じゃないのに
ただならぬ存在感を見せていたので期待しています。


さて、映画の話題つながりで、個人的に超おすすめな映画をご紹介。
↓ここから熱く語りすぎて長文なので、興味ない方はスルーで大丈夫です

正確に言うと、韓国映画でも日本映画でもない、
歌舞伎で上演された作品を映画館で見るという
「シネマ歌舞伎」という物なのですが。
f0124303_19015702.jpg
『歌舞伎NEXT 阿弖流為〈アテルイ〉』
これはですね、私、ちょっと韓流から距離を置いていたここ数年間、
年に25~30回くらい国内の舞台(宝塚、歌舞伎含む)を観劇していまして
この「阿弖流為」も2015年 夏に観劇したのですが、
とにかくオープニングからかっこよくてかっこよくて、
最後は感動しすぎて席を立てなかった舞台なんです。
TVの報道の影響か、歌舞伎役者にはあまり良いイメージがありませんでした。
歌舞伎自体にも「敷居が高い」「形式美」「静」「解説が必要」「眠そう」
というイメージで敬遠してきたのです。
でも、これを見てからそんなイメージがガラッと変わりました。
この作品は劇団☆新感線の、いのうえひでのり氏と中島かずき氏が
歌舞伎役者とタッグを組んで作っていますので眠くないです。むしろ目が覚める!
シネマ歌舞伎版としての上演時間は185分ですが(途中休憩あり)
新橋演舞場での公演は、休憩含めて約4時間の舞台でした。
激しい殺陣とアクションで、これだけ舞台上を縦横無尽に駆け回る舞台を、
約1か月間、休演日はなんと1日もなしで(!)とにかく毎日公演、
さらに2日に1回は昼夜2回も公演していた彼らは一体何者なんだ!?と思ったんです。
これを見た後は普通の役者が「撮影スケジュールが大変だった。」とか、
「ハードなスケジュールで死ぬかと思いました。」と言うのを聞いても、
「いやいや、もっとすごい事している役者いるから!」と思ってしまいます。
2~3歳の幼い頃からずっと舞台に立ち続けてきた者しか持っていない体力、踏んできた場数、
積み重ねてきた芝居の技があることを見せつけられた気がして、心が震えました。
私個人的にここ数年間に見た様々な舞台の中でベスト1、2を選ぶとすれば、
この「阿弖流為」と、スーパー歌舞伎「ワンピース」です。
(ワンピース歌舞伎は、今年の秋に再演されますが、これも本当にすごかった)
もしも興味がわいた方、熱すぎる舞台が見たい方がいたら一度ぜひ見て欲しいです。
本日7/8から上映中です。
すみませ~ん、熱く語りすぎてしまいました~^^;

http://www.shochiku.co.jp/cinemakabuki/lineup/31/




[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-08 19:59 | 映画 | Comments(0)
f0124303_20443552.png
先月、明洞で味作のポスターを見て以来「あじさく」と呼んでいる彼が、
ヘギョ(親しみを込めて呼び捨て)と結婚だそうです。
炊飯器 味作の読みはあじさくではなくて미작らしいのですが(当たり前)
私は親しみを込めてあじさくと呼んでいます。
まあここは一番好きな俳優をごめんなさいと言いながら「刺身屋」と呼ぶようなブログなので、
真面目なファンの方、悪く思わないで下さいませ。。。
結婚するまではどんなに写真を撮られても「お友達です」で通すのがベターだと
ナムナム(ナムジュヒョク)の時に思いましたが、
何度も否定していたのでこの結婚のニュースに驚きました。
「太陽~」のドラマは1話だけ見たのですが、もう見なくていっかな~と思ったりして^^;
そして、あじさくと言えば、映画「軍艦島」公開間近ですね。
予告編を見たところ、いろんな意味でやりすぎ注意報が出ている気がしました。
こういう映画を見て、スカッとする方もいるんでしょうね。。。
戦時中の日本、日本の狂った様子を描いた映画で秀逸だったのは、
香川照之も出ていた中国映画「鬼が来た!」(原題:鬼子来了)。
「軍艦島」はどんな映画か気になりますが、
監督が「韓日関係への懸念は映画が公開されれば消えるだろう」と、
めっちゃポジティブすぎてこちらがびっくりのコメントをされていたので、
いつか見れることがあったら、あじさくの熱演を見たいと思っています。
話がそれましたが、あじさく&ヘギョ、おめでとうございます~

[PR]
# by niceguy_sashimiya | 2017-07-05 21:34 | Comments(4)