韓国旅行日記 2010秋

レポとはいえないひどいもんですが、とにかく一度書きました。
言葉遣いがかなり悪くってすみませんです~



11月12日(金)
会社を出て羽田空港に向かい、19:35発のアシアナ航空OZ1035便に乗る。
出発が30分位遅れる。機内食は不味かった。飛行機は全くと言うほど揺れなかった。
21:55着予定も遅れ、到着ロビーに出た時には23時前。
f0124303_23525058.jpg
ホテルから泊まんのか泊まんないのかという電話が入っていたので
今まだ空港なので40分位遅れるよと電話。
舞台を見る予定のTさんとも電話でお話。
地下鉄5号線に乗る。隣に座ったお姉さんがものすごく酒臭い。
0時頃ホテル着。極度の疲労、お風呂は朝入ろっかと0時半には就寝。

11月13日(土)
6時30分起床。
テレビで「ソウル1945」のドンウ坊ちゃん父だった俳優さんの番組をやっていたのをパシャリ。
f0124303_23531111.jpg

8時頃ホテル出発。東大門歴史文化公園駅から地下鉄に乗り、鍾路3路駅で降りる。
駅のコンビニでバナナウユとカスタードが入った温かいスポンジ菓子みたいなものを買う。
その後、中のカスタードをコートにこぼすというおいたをしてしまい、しばしトイレにこもる。
f0124303_23533154.jpg
駅から歩く途中、囚われたお姫さまみたいな派手なマネキンを発見し、パシャリ。
f0124303_23534941.jpg
「こっちかな~」と思った道の先に目的地の昌徳宮が見えてきて感動する。
f0124303_23552198.jpg
9時開園すぐの昌徳宮を見学。紅葉が素晴らしい。
f0124303_23553852.jpg
f0124303_23555056.jpg
f0124303_23561957.jpg
f0124303_23564079.jpg
f0124303_2357584.jpg
f0124303_2357195.jpg
f0124303_23573863.jpg
f0124303_23575042.jpg

朝食を食べようと、安国駅近くの「キンパ天国」に入るが満員であきらめる。
すぐ近くに「プンシク」と書いてある店があったので入ってみた。
チーズキンパを注文。店内に他の客は1人。その人が帰った後は貸し切り状態。
f0124303_23581289.jpg
f0124303_23582374.jpg
実に、感心するほど不味いチーズキンパだった。2500ウォン。
f0124303_23583423.jpg

去年買った「旅」という雑誌に載っていた、「長生トラジ」というお店に向かう。
普通のオフィスビルの1階にあるお店でトラジキャンディーを試食。韓国らしいかほり。
キャンディーを1缶購入。13000ウォン。店員のお姉さんが500ウォンおまけしてくれた。
f0124303_23591771.jpg
f0124303_23592883.jpg

仁寺洞へ行く。サムジキルでポシャギの小袋を購入。
押切もえも来たというサムゲタン屋に行く。
しかしキンパのおかげでおなかは空いていない。
鳩山みゆきも来たというお餅のお店でお餅を購入。
仁寺洞入口付近に戻り、近くのおみやげ屋でポシャギの小袋をまた5枚位買う。
f0124303_001486.jpg
f0124303_003188.jpg

安国駅から路線バスに乗り恵化駅へ向かうが、降りてみたら恵化駅のいっこ手前だった。
銀杏の木が綺麗だった。
f0124303_005333.jpg
f0124303_01816.jpg

恵化駅前の道路で食べ物に関するイベントが開かれていて、かわいい牛を間近で見る。
f0124303_012893.jpg
f0124303_013988.jpg

ドンスンアートセンターの近くに、ミュージカル専用劇場が出来るよ~みたいな工事現場。
f0124303_021668.jpg

ドンスンアートセンターの前にあるスンデ屋で食べてみたかったスンデクックを注文。
不味くもないけど美味しいと思わず。こりこりした内臓が入っていたが豚の耳か。
6500ウォン。
f0124303_024085.jpg

去年行ったチキン屋を探すが、去年の記憶があやふや過ぎて、探し出せず。
地下鉄4号線で明洞へ行く。大きなコスメショップに入り、目の下のクマ用パック等を買う。
f0124303_03140.jpg

明洞芸術劇場でTさんと待ち合わせ。15時からの「シラノ・ド・ベルジュラック」を観劇。
f0124303_031926.jpg
俳優さん達の熱演に目が釘づけのつもりがホントすんません、何度か意識が飛んでしまった。
それでも第2幕の迫力にはさすがに目が覚め、最後は悲しすぎて悲しくなった。
終演後、ロビーで俳優さん達がお見送りしてくれるのだが、主役の二人はいなかった。
劇場入口で待っていたら、いつの間にか目の前にアン・ソクファン氏が!
サインをもらう。自分のデジカメがバックのどこかへ行ってしまいあわあわする。
大満足した後、Tさんと東大門のタッカンマリ横丁へ行く。
f0124303_0164536.jpg
f0124303_033624.jpg
始祖店みたいな店名のタッカンマリ店に入る。とても美味しかった。10,000ウォン。
f0124303_035285.jpg
結局、今回ソウルで美味しかったものはバナナウユとこのタッカンマリだけだった。

清渓川で灯ろう祭りがやっているというので行ってみた。
東大門から光化門まで歩く。とても綺麗だった。
しかしすごい人だった。子供がつるに足をとられて転んでいた。
f0124303_041527.jpg
f0124303_042663.jpg
f0124303_043569.jpg

光化門のカフェで一休み。バナナいちごジュースは美味しかったし、店員さんは優しかった。
地下鉄の駅で明日の朝用のバナナウユを購入し、その後Tさんと別れる。
f0124303_045733.jpg

Tさん、本当にありがとうございました。
ホテルに帰ってコンビニで買ったあずき豆乳なるものを飲む。まあまあ。
0時半には就寝。

11月14日(日)帰国日
8時起床。朝食はバナナウユ。
9時にホテルをチェックアウトし、荷物を預かってもらう。
母親から頼まれたBBクリームを買う為に明洞へ行く。
明洞で朝から粥食ったり、開店直後の化粧品店を襲ってんのは100パー日本人だと思われ。
そのひとりである自分も自分用に顔マスク、
そして今売れているというかたつむり70%配合というクリームを買う。
かたつむりだっけ、なめくじだっけか?まだ使っていない。
f0124303_052726.jpg
f0124303_020572.jpg
f0124303_0201853.jpg
f0124303_0103185.jpg
f0124303_0104226.jpg

前からイ・サンボン氏デザインの、ハングル文字が書かれた食器が欲しかったので、
開店直後のロッテデパートへ行く。
8階の食器売り場のアジュンマに聞き、ハウマッチ?と言ったら、セット売りとの事。
185,000ウォンだったか。全部は欲しくなかったので買わず。
上の階の免税店にも立ち寄るが何も買わず。
f0124303_093557.jpg

デパ地下で会社用のお土産を買う。フードコートでチャジャンミョン&酢豚セットを食べる。
7500ウォン。不味くは無いけどフツー?完食は出来ず。
f0124303_0182725.jpg

ひどい頭痛で、ホテルのある東大門歴史文化公園駅に戻る。
駅のベンチで日本で読んでいた「シラノ・ド・ベルジュラック (岩波文庫)」を読む。
隣に座るアジョッシの視線を感じつつ、何度もコックリしながら斜め読みでなんとか読破。
ホテルで荷物を受け取り、詰め替えして再び明洞芸術劇場へ。
入口で重い荷物を預け、15時から、2度目の「シラノ・ド・ベルジュラック」を観劇。
f0124303_0111020.jpg
f0124303_0112592.jpg
1度目よりもかなり内容を理解できた。いきなり聞いただけでは分からなかったセリフも、
小説を読んだ後に見ると、「お、小説と同じじゃん!」と何度も思った。
本当に同じかどうか、私にはわからないわけだけど。でもたぶん同じなんじゃないか?
戦争に行っているシラノが毎日2度も戦場をくぐりぬけて手紙を出していた事とか、
ラスト近くのシラノのセリフとかも小説に忠実だと思った。
とにかくアン・ソクファン氏、舞台上での目の輝きがすごい。
1回目は何で意識が飛んでしまったのだろうか!
周りの客(特に女性)はみんなズビズビ泣いていた。
千秋楽だったので、カーテンコールでは演出家も出てきた。
15時に始まる舞台も終わったのは17時45分。(休憩15分あり)
ロビーはもみくちゃ。もしかしてアン・ソクファン氏もいたのかもしれないが、
20時発の飛行機で帰んなきゃいけないので、大急ぎで劇場を後にし、地下鉄で金浦空港へ。
空港へ着いたのは19時。時間がないけど最後にもう一度バナナウユを買って飲む。
f0124303_0114882.jpg

免税店で韓国のりをお土産に買ってすぐにアシアナ航空OZ1085便に搭乗。
機内食はまた不味かった。ジャッキーの「ベストキッド」を見て泣く。22時羽田着。
会社と自宅の真ん中あたりにあるホテルに泊まり、翌日会社へ出社。そして自宅へ戻った。
以上、こんな感じの旅でした~
本屋も映画館も行けなかったのは残念でした~
by niceguy_sashimiya | 2010-11-17 00:46 | 韓国旅行